結婚式場

挙式のスタイルと費用

挙式のスタイル
■キリスト教式
キリスト教式は、本来信者が自分の所属する教会、神に結婚を誓い、愛の証に指輪を交換する儀式です。なので、教会で式を挙げられるのは、原則として新郎新婦のどちらかが信者であることが前提だったが、最近は事前に結婚講座に出席するなどの条件付きで、信者以外にも挙式ができることが増えてきました。
場所は教会、結婚式場、ホテル等で、ウエディングドレス姿の花嫁がバージンロードを歩んで祭壇の前へ行くのがこの挙式のスタイルです。賛美歌が流れる中で、2人は神に結婚を誓います。

■神前式
神前式は、その名の通り、古来から続く形式のように思われることが多いようですが、その歴史は意外に浅く、大正天皇のご成婚を記念して行なわれたのが始まりです。お宮参りや七五三、初詣など人生の節目に神社を訪れます。その考えを汲むと結婚という大事な節目に神社を訪れるのは自然な流れです。荘厳な雰囲気で、今でも多くのカップルが神前式を選びますが、これは親の意向も関わってきます。
挙式(神前式)の場所は本来は正式な神社で行われるものですが、結婚式場やホテルなどでも同じように行えます。
日本では最も一般的な形です。神主が式をつかさどり、神前で三三九度の杯を交わします。玉串を捧げ、神に結婚を誓います。神前には基本的には親族のみの入室になります。

■人前式
人前式とは字のごとく「人の前で誓う、式」です。特定の神様ではなく、日ごろ御世話になっている方、親しくしていただいている方の前で結婚の誓いを立て、参列した人に承認していただく式です。つまり、列席者全員の方がお二人のご結婚の「立会人」「証人」となります。
人前式は基本的な流れというのはありますが、順番も入れ替えていいですし、お好きな演出を入れても構いません自由な式といっても良いものです。ただ、あくまで式ですからある程度の厳粛さは必要です。
人前式の始まりは江戸時代とされています。つまり、現在の人前式が最も古くからあるスタイルといっていいでしょう。

かかる費用
規模やスタイルによって違いはあるが全行的な平均は330万程度であるということを知っておこう。
それを知った上で、具体的な金額を想定するために、ブライダルフェアや会場見学などで見積もりをしてもらうことが重要となります。
ゲスト人数を半分にすれば結婚式費用も半額に抑えられると勘違いしてしまう人がいるようですが、実際はそうはなりません。
それは、ゲスト人数に左右されない固定費があるからです。そこも頭に入れて置きましょう。

千葉県で人気の結婚式場ハミルトンホテル上総
花婿だって結婚式を楽しみたい!そんな希望に応えてくれるのは千葉県で人気の結婚式場ハミルトンホテル上総。花婿目線の希望もどんどん伝えて理想のウェディングを叶えよう。
披露宴
千葉で花婿様の希望を叶えてくれる結婚式を挙げるなら
千葉で花婿様の希望も叶えてくれる結婚式を挙げるならエルシオンで決まり!花婿様の衣裳選びや演出のアドバイス、当日のふるまいなどどんな事でももご相談ください。